DENSO group

障がい者採用情報
INTERVIEW

技術職

トップのCAEエンジニアになること!そんな夢のために日々努力しています。

技術管理課でCAE解析エンジニアとして課題に取り組んでいます。CAEというのはComputer Aided Engineering の略で、直訳すると「コンピューター支援設計」と言います。簡単に言うと、設計した製品を実際に作るより前にパソコンでシミュレーションを行う仕事となります。
CAEがいない場合は、設計した製品を実際に作ってテストをしなければいけないのでコストがかかりますが、試作をする前にシミュレーションをすることで「強度」「安全性」「耐久性」などの結果予想や性能評価を行うことができるため、試作回数の削減や開発期間の短縮などに繋がっています。設計者から1回でOKになると嬉しいです。なるべく試作回数を減らすため、どうやって少ない回数でOKが出せるかをいつも試行錯誤しながら業務を行っています。
私には将来の目標があります。これからどんどん解析は普及していくと思いますが、そのために解析体制を図ることは急務だと思っています。設計者が気楽に解析できるような教育体制を確立、そして解析マニュアルを充実させて、最終的には全社員の解析技術を高めることが私の目標です。そのためにはトップのCAEエンジニアになりたいと思っているので、今も計算力学の資格をとるための勉強やインターネットにある様々な解析を目で見て考え、日々努力をしています。

サポート体制が充実している会社なら働きやすいと思った。

耳が聞こえない私をしっかりサポートしてくれる会社に信頼感を感じました。 この会社に興味を持ったのは、私自身自動車が好きだったから、自動車に関わる仕事がしたかった。そんな理由からでした。それと私は耳が聞こえないので自宅から通える近い場所で探していました。自宅から近くて自動車関係の会社は複数ありますが、そのなかでも「この会社で働きたい!」と強く感じたのは「サポート体制」です。新卒で耳の聞こえない人材を採用するのはこの会社にとってもはじめてのことだったようですが、書くものを用意してくれたり、会話を筆談で対応してくれたり、しっかりとサポートをしてくださいました。この会社なら働きやすいのではないか、と思い応募しました。このときの選択は大正解でした。多くの同僚、上司と共に助け合いながら毎日楽しくやりがいをもって仕事ができています。
就活生のみなさんに一言アドバイスをするとすれば、「わからないときにはわからないと言えるようになること」です。わからないことがあるのに仕事をしていると不安になり仕事を楽しく感じることができません。理解するまで確認することで、落ち着いて業務することができ、やりがいが生まれてきます。聞くのが恥ずかしいと思わないで勇気を持って質問することはとても大事です。

タイムスケジュール

8:00
メール確認
8:20
3Dモデル作成
11:00
打ち合わせ
12:00
昼食
13:00
ミーティング
14:00
条件設定、計算実行
16:00
結果のまとめ、課題の抽出
17:00
退社
                               
                                  
                                  ※現在募集は行っておりません