DENSO group

新卒採用情報
INTERVIEW

生産技術

生産技術の仕事とはモノづくりの司令塔。

生産技術課に所属しています。生産ラインの構築や改良、生産工程における問題の改善、必要な設備導入の検討、製造原価の企画、安全管理など業務は多肢に渡り幅広い知識が必要な部署です。
「良い品質を保って生産するためには設備をどのような仕様にすればよいのか」「より効率的に製造するための環境は整っているか」「より低コストで製造する為の改良点はあるか」「作業する方が安全に作業できているか」「この工程で納期通りに製造できるのか」などを常に考え、計画を立てたり提案や改善を行っています。

お金をたくさんかければ高品質なものを製造することは出来ます。逆にコストを落とすことばかりを考えると品質が下がってしまう、色々な角度から見たときにうまくバランスを取りながら最善の方法を模索していく点には難しさを感じる事もあります。
また、様々な部署の意見を取りまとめながら、生産技術の立場から問題提起をしたり交渉したりと最適な方法を提案し解決していくので、モノづくりの司令塔やまとめ役のような立場だと思っています。設計や開発の部署に現場の声を届けたり、生産課に生産性や安全面の改善点を伝えるなど他の部署の人たちも巻き込みながらみんなで協力しあうからこそ出来る仕事です。他の部署の人達とのコミュニケーションを大事にしたり、自分の意見をうまく相手に伝ええたりするための努力も必要です。

業務の幅が広くハードルが高いからこそ、
この上ない喜びと達成感を感じます。。

自分の設計したラインがイメージ通りに出来上がり順調に稼働した時には計り知れない喜びを感じます。例えば製造ラインを1つに統合する、という提案をしたことがありました。「コストの削減に繋がるか」「安全性は確立されているか」「品質は保たれるか」「納期通りに生産完了できるか」ということを細部にわたって検証しながら、より良い環境に改善することが出来ました。
ハードルが高い分、成功した時にはものすごく嬉しいし達成感を感じることが出来ます。
また、生産における広範囲の業務に携わることが出来ることもこの業務の魅力です。勉強することは多いですが、その分沢山の知識を身につけることができ、全体を広く見て仕事を行うことが出来ます。

将来は自動車に関わる仕事をしたい、
そんな小さな夢から始まりました。。

まずは自動車が好きだったので自動車に関わる仕事がしたいと思っていました。その中でも広い視野で全体を見ることの出来る仕事を希望していました。
京三電機は、若くてもやる気があればいろいろなことにチャレンジさせてくれる環境で、エンジニアとしても成長出来ると思い志望しました。
社内の組織や制度もしっかりしており、自分を成長させられる環境にあります。上司とも話がしやすいし、わからないことがあればすぐに質問することが出来ます。もし失敗しても「次に同じ失敗をしないように活かせればいいよ」と優しくフォローしてくれることも多くとても働きやすい環境で、とてもありがたいと感じています。そんな先輩に近づけるように、これからもっと勉強をして沢山経験を積んでいきたいです。

タイムスケジュール

8:10
外注、社内メールチェック
8:30
メールチェック、返信
9:30
現場へ設備の確認(品質や安全性などのチェック)
12:00
昼食
13:00
設計試作評価(検証、評価、課題を見つけて改善を図る)
17:00
打ち合わせ(生産ライン改善点のすり合わせ)
18:00
退社