信頼

品質第一

品質基本方針

品質へのこだわり

お客様信頼確保のための「製品」と「仕事」の品質向上へ、 あくなき挑戦を続けます。

蛍光X線分析装置による 環境負荷物質含有量測定

京三電機は、「信頼性の高い、コストの安い、魅力のある製品を提供し、お客様満足の向上を図る」をスローガンに、製品づくりにおける、開発から設計、生産準備、生産、検査、納入、そしてお客様の満足度向上にいたるまで、あらゆる過程において、「愚直なまでの品質へのこだわり」をもって活動しています。

IATF16949認証取得

国内全3工場・1事業所(本社・第1工場,第2工場,結城工場,東海事業所)において自動車産業の品質マネジメントシステム規格であるIATF16949を取得しました。
現在、認証取得しているISO/TS16949(ISO9001:2008+自動車業界固有要求事項)に対しIATF16949はISO9001:2015をベースとし、IATF(International Automotive Task Force)を構成する欧米自動車メーカー9社,欧米5ケ国(米,仏,伊,独,英)の自動車産業団体の要求事項が大幅に追加された国際規格であり、全世界ほとんどの自動車メーカーの要求に応え得るものです。

現地現物 カイゼン

ものづくりの進化 目指せ京三ダントツ夢工場

「ダントツ工場」とは技術革新に加え、京三電機の強みを活かした生産ライン効率化、物流・検査のスリム化等、文字通りダントツの競争力でのモノづくりを目指す活動です。 さらに、ダントツのイニシャルとなるDを「Dream=夢」ととらえ、工場で働くヒト、工場を関わるすべてのヒトが夢を描き、仲間と一緒に改善に取り組み、工場の景色を変えてゆく改善活動を進めています。 この活動を通じ、生産性向上だけでなく、働くすべてのヒトにやさしい、地球環境にやさしい文字通りの夢工場づくりを進めています。

ダントツ工場の活動体系

目指す姿
世界で勝ち残れる品質・コスト競争力のある工場 みんなの知恵とチャレンジで改善・進化し続ける工場
重点取組み:事業課題から落とし込まれた工場の取組み課題
1.圧倒的な高可動率 2.主力製品の一貫工場化 3.多種少量製品の効率的集約化

ダントツ工場の原動力となるEF活動

工場と生産技術協業での設備改善活動

ダントツ工場を実現させる原動力としてEF(Excellent Factory=優秀な工場)活動があります。これは工場が中心となり、全員参加で改善を行うもので、製品出荷場(売り)から生産ライン(つくり)、そして購入部品、資材受入れ場(買い)という、工場全体をスルーで見た改善活動を工場スタッフ、技術・事務スタッフが連携して調査し原価低減、生産性向上、面積創出活動を推進します。

改善活動の源となるトヨタ生産方式

改善活動を行う上での根底となるのはTIE(トヨタ生産方式)です。製造現場(調達から納入まで)のムダを徹底的に排除し、原価低減を図ることを目的として、その為に、人・物・設備・情報を最適に組み合わせるシステムを構築する為、徹底した調査・分析と改善活動、そして人材育成を行っています。

工場の知恵と工夫を活かした改善進化

工場で開発・熟成されたメカナムAGC

工場内の限られたスペースを有効に活かす為、その場で転回出来るメカナムAGC(自動搬送機)が工場内、工場間の製品や部品の運搬を行っています。 このAGCも工場のニーズを知り尽くした人達が自分達の手で開発し進化させ続けています。

つながる工場へ(F-IoT活用)

設備や人間の動きをネットワークでリアルタイムで繋ぎ、解析する事により、新たな気づきや改善へつなげてゆくF-IoT(ファクトリーアイオーティー)。 京三では2015年度より、工場と協業による導入を進め、設備や画像からデータを収集し可視化する事によ様々な改善に活用しています。 近い将来、AI(人工知能)と組み合わせた設備や物流の最適制御化の実現目指し、開発を進めています。

予兆管理
運転設備に流れる電圧を視覚化し異常電圧発生をリアルタイムでモニタリングする事により設備故障の兆候を捉える

ALR:オールラインレコグナイザー(生産工程可視化システム)

アナログメータをデジタル化ししデジタル変換する事により点検記録の自動作成や異常発生のリアルタイム監視を行っている。