トップメッセージ

2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」や、2016年に発行されたパリ協定を受けて、世界は大変な変革期を迎えています。

人間・豊かさ・地球・平和・パートナーシップという分野において、「誰ひとり取り残さない」社会の達成のためには、会社だけでなく、一人ひとりが目標を定め、努力していくことが求められます。

そのような環境において、自社が生み出す価値が、社会課題にどのような影響を与えるかを考え、SDGs達成に貢献していくことが必要になります。

 

当社は1949年の創業以来、自動車部品の開発から販売まで一貫してお客様のご期待に応えられるよう全力を注いでまいりました。

おかげさまで、燃料供給システムの構成部品をお客様から広くご愛顧いただいております。

 

その中で、私たちは「モノを作る」会社として、事業活動の中で発生するCO2の削減をはじめとする環境課題への取り組みや、ダイバーシティーの推進、コーポレートガバナンス、コンプライアンスの遵守など、さまざまな活動を通じて、デンソーグループの一員として、持続可能な社会の成長に貢献しています。

 

私たちは、お客様に更にご満足いただけるよう、そして人類・社会のお役にたつことを念願し、未来を見つめ、世界に学び、新製品・新技術の開発に励むと同時に、改善に改善を積み重ね、企業体質の強化に努めてまいります。

今後とも皆様のご指導、ご支援を賜りますよう、心からお願い申し上げます。

 

取締役社長 阪 好弘